導線を意識したホームページ作り!

メニューやリンクをしっかり作って離脱されないようにする

ホームページを作成する場合、心がけたいこととして訪問者に途中で離脱されないようにするということが挙げられます。たとえば、検索サイトからアクセスしてきた人があるページを読み、「次へ」と書かれたリンクをクリックしたら404エラー、つまり「このページは存在しない」というエラーに遭遇したら、ほぼ確実に別のサイトへ移動してしまうでしょう。訪問者にとって、期待していたページにアクセスできなかったというストレスは相当なものだからです。
また、ページごとにメニューを表示するというのも大事なことです。訪問者は必ずトップページからアクセスするとは限りません。検索サイト経由でトップページの下部にあるページにアクセスすることもあります。

隅々まで閲覧してもらうことは利益につながる

もし、ページごとにメニューを置かないと、アクセスしたページからトップページに移動することが簡単にはできません。もちろん、訪問者がブラウザに表示されているURLを自分で削ってトップページにアクセスすることは可能ですが、ブラウザに詳しい人でないとなかなかな難しいでしょう。
なので、どのページにアクセスした場合でも、すべてのページにスムーズに移行できるよう、導線を意識したホームページ作成を心がけるようにしましょう。
導線がしっかりしていれば、ページに興味を持った訪問者はホームページの隅々まで閲覧してくれるので、ページビューを稼ぐことができますし、ページ内の広告をクリックしてくれるといったアクションも期待できます。

ホームページ作成講座とは読んで字の通りホームページを作成する講座のことです。近年需要が高まり、多くの講座があります。